メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ちゅらとまと」使った新メニュー販売 10日からファミレス「ココス」沖縄県内限定5種類 /沖縄

豊見城産「ちゅらとまと」を使った県内限定のメニュー5種類=8日午後、豊見城市座安のココス豊見城店

[PR]

 【豊見城】ファミリーレストラン「ココス」を展開するココスジャパン(小野崎聡社長)は10日から、豊見城産「ちゅらとまと」を使った新メニューを沖縄県内店舗限定で販売する。

 17日に同市座安にココス豊見城店がオープンするのを記念し、ちゅらとまとをソースに使った「ガーリックハンバーグ」(税別790円)や「オムライス」(同790円)、シークヮーサーと白ぶどうジュースを加えたちゅらとまとのシロップをかけた「ちゅらとまと&シークワーサーのかき氷」(同490円)など5種類を開発した。

 同社の阿武則夫商品部部長は「地元に密着した食材を使ってメニューを考えた」とPRした。来年3月ごろまで県内ココス5店舗で販売する(豊見城店は17日から販売開始)。

 「ちゅらとまと」は甘みと酸味のバランスが良く、トマトの味をしっかりと感じられるのが特徴。豊見城市の山川仁市長は「豊見城産トマトのおいしさを味わってもらういい機会になる」と喜んだ。

(琉球新報)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです