メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

ドイツ、ニャブリの1ゴール1アシストで先行も…アルゼンチンが追いつきドロー

情報提供:サッカーキング

ドイツとアルゼンチンの強豪対決はドロー [写真]=Bongarts/Getty Images
 国際親善試合が9日に行われ、ドイツ代表とアルゼンチン代表が対戦した。

 2014年のブラジル・ワールドカップ決勝の再現となった強豪対決。ドイツはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンやFWセルジュ・ニャブリらがスタメン入り。FWルカ・ヴァルトシュミットは先発でA代表デビューを飾った。一方、FWリオネル・メッシやFWセルヒオ・アグエロなどが不在のアルゼンチンは、FWパウロ・ディバラやDFニコラス・オタメンディらが先発メンバーに名を連ねた。

 試合は16分、ドイツが先制に成功した。ルーカス・クロスターマンが右サイドから折り返すと、ニアに飛び出したセルジュ・ニャブリがワンタッチで相手2人を華麗にかわし、冷静に右足で流し込んだ。さらにドイツは22分、ニャブリがペナルティエリア右からグラウンダーのクロスを送ると、ゴール前に走り込んだフリーのカイ・ハフェルツが左足で合わせて追加点を挙げた。

 だが、後半に入ってアルゼンチンは66分、マルコス・アクーニャが左サイドからクロスを上げると、ルーカス・アラリオがヘディングシュートを叩き込んで1点差に迫る。さらに85分にはアラリオがドリブルでエリア内へ切り込んでラストパス。エリア左のルーカス・オカンポスが右足ダイレクトでニアへ突き刺し、同点に追いついた。

 試合はこのまま2-2で終了。ドイツは13日にアウェイで行われるEURO2020予選でエストニア代表と、アルゼンチンは同日に国際親善試合でエクアドル代表と対戦する。

【スコア】
ドイツ 2-2 アルゼンチン

【得点者】
1-0 16分 セルジュ・ニャブリ(ドイツ)
2-0 22分 カイ・ハフェルツ(ドイツ)
2-1 66分 ルーカス・アラリオ(アルゼンチン)
2-2 85分 ルーカス・オカンポス(アルゼンチン)

【関連記事】
シュヴァインシュタイガーが現役引退を発表…バイエルンやドイツ代表などで活躍
2019年に引退した選手のベストイレブンが発表…超豪華メンバーずらり
今頃日本でW杯に出場していたかも!?…サッカー界の“ラグビー経験者”たち
新名所誕生!イブラの銅像がお披露目「NYには自由の女神、スウェーデンにはズラタン」
サンチョはプレミア移籍か…? ドルトムントGMが将来的な退団を認める

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです