メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神・近本、好守も…CS初“キナチカ”ルーキー1、2番で9タコ(スポニチ)

[PR]

セ・CSファイナルS第1戦 阪神2—5巨人(2019年10月9日 東京D)

 まさに「守りの名手」だ。敗戦にあって阪神・近本の好守がキラリと光ったのは七回だ。1死から亀井が放った飛球は頭上を襲った。快足を飛ばして背走。株式会社セノンが東京ドームの左中間フェンスに広告掲出する「守りの名手」と書かれた部分に激突しながら、ボールは離さなかった。

 「攻撃でいい流れをつくれなかった分、守備からいい流れを作りたいと思いました」

 1番・遊撃の木浪に続き、2番・中堅で先発。CSでの新人1、2番は両リーグを通じて初めてだったが、先発・山口の前に三つの内野ゴロ、中川には遊飛に封じられた。「ストレートを打ちにいけなかった。かわされました。(捕手の小林)誠司さんに僕の考えが読まれていた」。相手投手の決め球はいずれも変化球だった。

 木浪も全5打席で凡退。1点を返し、3点差に追い上げた九回2死満塁の絶好機でも三ゴロに倒れた。「いいピッチャーは甘い球がこない。1球を大事にやっていきたい」。手痛い敗戦を糧に変える機会はまだ残されている。(スポニチ・吉仲博幸)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです