メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渡辺謙は“ハクション大俳優”!?面白い作品なら「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン」(スポニチ)

「ベル・カント とらわれのアリア」のジャパンプレミアに出席した渡辺謙(左)と加瀬亮=スポニチ提供

[PR]

 俳優の渡辺謙(59)と加瀬亮(44)が9日、東京都内で行われた米映画「ベル・カント とらわれのアリア」(11月15日公開)のジャパンプレミアに出席した。昨年海外で公開された作品が満を持して来日。渡辺は「W杯ラグビー、クライマックスシリーズでお忙しい中、集まっていただきありがとうございます」とあいさつした。

     同作は、オペラ歌手の歌声をきっかけにテロリストと人質が心を通わせていく物語。渡辺は日本人実業家役を、加瀬はその通訳役をそれぞれ演じる。渡辺は役作りについて「『ラストサムライ』の撮影で英語が分からなかった時の気分を思い出しながらやっていました」と笑顔。6カ国語を話す役の加瀬は「とにかく語学を勉強していました」と振り返った。

     ともに世界で活躍する2人。渡辺は「面白いと思う作品があれば、日本でも海外でも関係ない。“呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン”と“ハクション大俳優”みたいな感じで頑張っています」とジョークを飛ばした。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

    2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

    5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです