メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

SUVで最小レベルのVW新型「T-Cross」が発表間近! ティザーサイトを先行公開

情報提供:カートップ

SUVで最小レベルのVW新型「T-Cross」が発表間近! ティザーサイトを先行公開

T-Crossを最速攻略! コンパクトSUVでも居住性や積載性は抜群

 フォルクスワーゲングループジャパンは、年内に国内発表を予定しているフォルクスワーゲンブランドのSUVファミリーのなかでもっとも小さいコンパクトSUV、新型「T-Cross」のティザーサイトを公開した。サイト公開に合わせて、一部を除く全国の正規ディーラーではT-Crossの特徴を解説するスペシャルリーフレットを配布する。

 ティザーサイトでは「T-Cross最速攻略」と称して、日本に導入予定のT-Crossの特徴を視覚的にわかりやすく解説している。

T-Cross

 T-Crossは日本特別仕様として「T-Cross TSI 1st」と「T-Cross TSI 1st Plus」の2車種を導入する。パワートレーンは直列3気筒1.0リッターTSIエンジンを採用。フォルクスワーゲンのMQBモジュールを用いて、SUVクラスで最小レベルのコンパクトなボディでありながら、広々とした居住性と荷物をふんだんに積みこめる広大なラゲッジスペースを両立し、実用性を高めた。

T-Cross

 さらにMQBによって以前は上位セグメントのクルマにのみ採用されていた、ドライバーアシスタンスシステムを多数取り入れている。そのため、2019年5月にヨーロッパで実施される自動車安全テストNCAPにおいて、小型車セグメントに属するT-Crossはすべてのカテゴリーで最高のスコアを獲得するなど、優れた安全性を証明した。

T-Cross

 ボディカラーは全部で8種類を展開。ミラーとアルミホイールがアクセントカラーとなるデザインパッケージを採用することで、2グレード合計で21種類の内外装の組み合わせから好みに合わせて選択することができる。

 ディーラーで配布するスペシャルリーフレットはA1サイズに広がるポスタータイプとなっている。表面には特徴をユニークな比喩を使ってわかりやすく紹介し、裏面にフォルクスワーゲンとT-Crossを全方位的に解説する用語を記載するなど、T-Crossを細かく解説している。


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです