メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

俳優・川島一平さん 老境でひょうひょう あこがれは秋山小兵衛

自身の店で自慢の弾き語りを披露する川島一平さん=東京都新宿区で2019年10月3日、梅村承直撮影

 とある居酒屋でちょくちょくお見かけした。杯を傾けながら味のある語り口にしみじみしたり、笑ったり。誰です? おかみに聞いた。「一平さん。俳優の川島一平さんよ」。そういえば、テレビのドラマで見たような。「アハハ、たいてい脇役だから、僕なんか記事にならないよ」。謙遜するが、その顔に人生がじゅわっとにじんでいる。

 1945年の敗戦の翌月、北朝鮮の平安北道新義州で生まれた。「防空壕(ごう)でオギャーと。おやじは眼…

この記事は有料記事です。

残り1434文字(全文1638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  4. 堺市立小教諭、教え子の中1少女にキス 口止めも 強制わいせつ容疑で逮捕

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです