メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「ノーベル賞の館」から再び 京大の研究棟、吉野さんレジェンドに続く

湯川秀樹氏や福井謙一氏らノーベル賞受賞者が学んだ京都大の旧石油化学教室本館=京都市左京区で、菅沼舞撮影

 ノーベル化学賞受賞が決まった旭化成の吉野彰名誉フェロー(71)が、大学時代に過ごしたのが京都大吉田キャンパス(京都市左京区)の旧石油化学教室本館だ。ノーベル賞受賞者の湯川秀樹、朝永振一郎、福井謙一の3博士も同館で研究したことから「ノーベル賞の館」と呼ばれ、この建物からまた一人、受賞者が輩出された。

 キャンパス正門に立つと、真正面にシンボルの時計台。そのすぐ左手(西側)に赤れんがの2階建ての同館が見える。ホームページによると、1889(明治22)年の完成でキャンパスに現存する最も古い建物といい、現在は教育推進・学生支援部などが入る。

 吉野さんと同じ工学部石油化学科で3学年後輩の京大名誉教授、田中一義さん(69)は福井博士の影響で京…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  3. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 2019年ヒット商品ベスト30 1位は女性も着る作業着「ワークマン」 2位は「タピオカ」 3位は「PayPay」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです