メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

13日スコットランド戦 30年前の勝利、再現を 元代表「未来背負い戦って」

ショーン・リニーンさん

 30年前の歴史的勝利の再現なるか――。ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、日本(世界ランキング8位)は13日、1次リーグ最終戦(横浜・日産スタジアム)で初の8強進出を懸け、スコットランド(同9位)と対戦する。過去の対戦成績は1勝10敗でW杯でも3戦全敗の難敵。それでも、1989年に唯一勝った試合こそ、日本がラグビーの伝統国・地域から挙げた初白星だった。【長宗拓弥】

 89年5月28日、東京・秩父宮ラグビー場。38歳で日本代表の監督に就任した宿沢広朗さん(故人)は初めて臨む国際試合の相手、スコットランドの特徴を調べ上げていた。

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤマハ「SR400」、国内向け生産終了へ 排ガス規制対応できず

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  4. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  5. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです