メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 農業や行楽に影響 各地で接近に備え /福島

台風の接近に備えて稲刈りを急ぐ農家=福島県湯川村で

[PR]

 大型で猛烈な台風19号が12~13日にかけて東北地方に接近する見込みだ。実りの秋を迎えている農家は収穫を急ぎ、3連休に予定されていた行事が相次いで中止となるなど、影響が出始めている。【まとめ・渡部直樹】

     ■収穫急ぐ農家

     県内の穀倉地帯である会津地方では、ピークを迎えている米の収穫作業が急ピッチで進められた。

     米どころで知られる湯川村で主にコシヒカリを栽培している専業農家の坂内智信さん(62)は、コンバインで色づいた稲穂の刈り取りに追われた。9月下旬から作業を始め、4ヘクタール分をこの日までに済ませた。「被害に遭うと年収に響くので。育苗用のビニールハウスが風で飛ばされないよう養生したい」と影響を心配した。

     ■交通網マヒも

     JR東日本は12~13日、県内の在来線や新幹線で運転を取りやめる可能性があるとしている。

     全日空は、福島空港、仙台空港を12、13日に発着する全便で影響が予測されるとしている。日本航空も両日に仙台空港を発着する便で欠航や遅延などの恐れがあるとしている。

     高速バスにも影響が出ている。千葉交通は福島駅と成田空港を結ぶ路線で、成田空港第3ターミナルを12日午前10時に出るバスと、福島駅を13日午前0時50分に出るバスの運休を決定。福島交通は磐梯吾妻スカイラインを経由する予約制の定期観光バスを、12、13日に運休させる。

     東日本高速道路は通行止めの恐れがあるとして、気象予報と交通情報を確認するよう呼びかけている。

     ■行事中止次々

     県はJRA福島競馬場で12日に開催予定だった「ふくしまEXPO『FUKU博』」の中止を決めた。世界的なデザイナー、コシノ・ジュンコさんとタイアップし、奥会津編み組細工や川俣シルクなどを素材にした服のショーを開く予定だった。東京・六本木ヒルズの「福島フェス2019」(12、13日)を主催する実行委も両日のイベント中止を発表した。会場では、県内23蔵66銘柄が味わえる「ふくしまの酒まつり」も開く予定だった。

     東日本各地のご当地バーガーが桑折町に集まる13日の「ふくしまバーガーサミット」は中止が決まった。また、12日に福島駅東口駅前広場で開かれる予定だった「福島ストリートミュージックフェスティバル」は、11月9日へ延期。12~14日に川俣町で開催予定だった音楽祭「コスキン・エン・ハポン」は、初日のパレードのみ中止。13日に須賀川市で予定されていた「第43回子どもの祭典」が中止となった。

     バイオリニストの千住真理子さんが11、12日、いわき市と双葉郡で予定していた復興支援コンサートのうち、今年4月に避難指示が一部解除された大熊町役場や9月に再開された久之浜漁港魚市場(いわき市)など3カ所で予定していた12日分が中止。双葉町が避難する町民の交流を図ろうと、Jヴィレッジ(広野、楢葉町)で12日に予定していた「ふたばスポーツフェスティバル」も中止となった。

     南会津町の「新そばまつり」(13、14日)と、ヒメサユリの種まきと音楽ライブを組み合わせた「南郷うた※たねフェス」(13日)などが中止された。

     12日に会津坂下町の鶴沼球場で開幕予定だった第11回JABAスポニチ福島支局杯社会人選抜野球大会(JABA県野球協会など主催)は、14日開幕に変更された。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

    2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

    4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

    5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです