メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号に備え、イベント中止相次ぐ ブドウ収穫前倒しも /埼玉

台風19号に備えブドウを早めに摘み取る深田和彦さん(右)ら=埼玉県秩父市下吉田で

[PR]

 台風19号の接近を前に、県内では10日も週末のイベント中止の発表が相次いだ。また早めのブドウ収穫に踏み切る動きもあった。

     さいたま市は12日午前10時に市内198カ所で指定避難所を開設し、自主避難者を受け入れる。最新の開設情報は市のホームページで発表する。

     12、13日に予定されていた越谷市の伝統行事「越ケ谷秋まつり」は、12日の日程を中止し、13日は予定通り行う。13日に所沢市で予定されていた「ところざわまつり」は中止となった。実行委は「天候が回復する可能性もあるが、会場準備の際の安全確保が困難なため」と説明している。

     蓮田市は12日の市のマスコットキャラクター「はすぴぃお誕生会」を中止。埼玉高速鉄道は12日に7駅周辺で実施予定だった「セブンフェスタ!2019」を中止する。

     一方、秩父市下吉田の兎田ワイナリー(深田和彦社長)では10日、自社の畑で栽培しているブドウを前倒しで収穫した。「創業以来初めて台風の進路が真上を通りそうだ」と深田社長。暴風雨で傷んだり、水を吸って糖度が下がったりすることを防ぐため、例年より数日早く摘み取ることにしたという。【松山彦蔵、古賀三男】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

    2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

    3. 元農水次官、長男殺害で懲役6年の実刑判決 東京地裁

    4. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

    5. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです