連載

眞鍋知子の街を元気に

毎日新聞デジタルの「眞鍋知子の街を元気に」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

眞鍋知子の街を元気に

/70 院生、おためし移住を体感 「生涯活躍のまち」づくり /石川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
課題型長期インターンシップの現地最終報告を行う大学院生=鹿児島市喜入町で
課題型長期インターンシップの現地最終報告を行う大学院生=鹿児島市喜入町で

 太陽が近い。10月に入ったというのに真夏のような暑さだ。鹿児島市喜入町まで、金沢からサンダーバードと新幹線を乗り継いで8時間かけてたどり着いた。課題型長期インターンシップに取り組む大学院生の現地最終報告会に出席するためにはるばるやってきた。

 CCRCという言葉を聞いたことがあるだろうか。Continuing Care Retirement Communityの略で、「継続的なケア付きの退職者コミュニティ」とでも訳すか。もともとはアメリカの退職した富裕層が移り住むゴルフ場やヨットマリーナ付きのゲーデッド(塀で囲まれた)・コミュニティーが発祥である。

 日本では、「生涯活躍のまち(日本版CCRC)」として、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部が推進している。平成31年1月に出された「『生涯活躍のまち』づくりに関する手引き(第4版)」によると、「東京圏をはじめとする地域の中高年齢者が、希望に応じ地方や『まちなか』に移り住み、地域の多世代の住民と交流しながら健康でアクティブな生活を送り、必要に応じて医療・介護を受けることができるような地域づくりを目指…

この記事は有料記事です。

残り838文字(全文1315文字)

あわせて読みたい

注目の特集