メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 あす県内最接近 土砂災害、増水に警戒 /長野

リンゴが風で落ちないよう木に支柱を設置するフルプロ農園の嶋村凜公さん=長野市赤沼で

[PR]

 大型で猛烈な台風19号は、12日夕から深夜にかけて県内に接近する見込み。13日未明まで、県中南部を中心に暴風となる恐れがある。県内に影響を及ぼす台風では今年最大級とみられ、長野地方気象台は土砂災害や河川の増水への警戒を呼び掛けている。【島袋太輔、坂根真理】

     同気象台によると、台風19号の北上に伴い11日夜から県内全域で雨が降り始める。12日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で100~150ミリで、その後もさらに雨量が増える。気象台は、12日深夜から13日未明にかけて局地的に非常に激しい雨になると予想している。

     最大級の台風に備え、自治体が発表する情報には注視が必要だ。昨年、多数の犠牲者を出した西日本豪雨の反省を踏まえ、気象庁は5月、土砂災害や洪水が予想される場合に、住民に避難を促す避難情報や防災気象情報を5段階の危険度で表示する「大雨・洪水警戒レベル」の運用を始めた。主な内容は、大雨警報(土砂災害)と洪水警報はレベル3=高齢者らは避難▽氾濫危険情報と土砂災害警戒情報はレベル4=全員避難▽大雨特別警報と氾濫発生情報はレベル5=既に災害が発生し命を守るため最善の行動を取る――など。

     事前の備えも欠かせない。県危機管理防災課は、自宅周辺の危険箇所の確認や停電対策を呼び掛ける。庭に置いている園芸用品などを屋内にしまう▽草など用水路を詰まらせる恐れのあるごみの排除▽懐中電灯の用意や電池残量の確認▽備蓄食料の購入▽事前に車のガソリンを満タンにする――など。担当者は「台風接近時に、畑や川を見に行って命を亡くす人がいる。不要な外出はできるだけ避けてほしい」と注意を促す。

    イベント中止相次ぐ

    そば祭りの中止が決まり、すでに会場に準備されていた調理器具を片付ける関係者=長野県松本市丸の内4の松本城公園で

     台風19号が3連休初日の12日に県内に接近する見通しとなり、10日までに各地でイベントの中止決定が相次いだ。また、収穫期を迎えているリンゴ農家は接近前に収穫を急いだり、落果を防いだりするなど対応に追われた。

     松本市の松本城公園では12~14日に「第16回信州・松本そば祭り」(市など実行委主催)が予定されていたが、来場者の安全確保のため中止が決まった。会場では既に出店準備が始まっていたが、撤収作業が行われた。

     県内外のそば店やそば打ち愛好家団体が18のブースを出し、他にもさまざまな物産展が集まるイベントで、毎年13万人以上の来場者でにぎわう。台風が遠ざかると予想される13、14日だけの開催も検討されたが、テント設営や調理器具の搬入に時間がかかるため、初めて全面中止とした。

     一方、県農業技術課は農家に向けて、果樹や施設の補強などの突風対策をまとめた。収穫の最盛期を迎えているリンゴ農家には木の支柱の固定などを呼び掛けている。長野市赤沼のリンゴ農園「フルプロ農園」では、台風に備えて急きょ9日にシナノスイートを収穫。リンゴの木を支える棒の設置や確認などの作業に追われた。

     早期収穫は苦渋の決断だったという。今年は気温が高く、全体的に色付きが甘いため「最適な時期ではない」。また、同園が生産するリンゴの約7割を占める主力品種「サンふじ」の収穫期は11月初旬のため、現段階で収穫するのは難しい。同園の嶋村凜公さん(26)は「サンふじが風で落ちてしまうことが一番の懸念」と頭を痛めていた。【小川直樹、島袋太輔】


    台風19号接近に伴い延期や中止が決まった主なイベント◇

    <延期>

    ・長野市「第26回川中島古戦場まつり」(12日、川中島古戦場史跡公園)=14日に延期

    ・富士見町「時代(とき)を超えて縄文ハロウィン」(12日、富士見駅前商店街)=11月2日に延期

    <中止>

    ・大町市「アルクマ10周年記念イベント」(12日、JR信濃大町駅前広場など)

    ・松本市「信州チャレンジスポーツDAY2019」(12日、信州スカイパーク)▽松本市「第16回信州・松本そば祭り」(12~14日、松本城公園など)▽「第45回国宝松本城合同茶会」(14日、松本城公園)

    ・佐久市「佐久市戦没者追悼式」(12日、佐久平交流センター)

    ・東御市「火のアートフェスティバル2019」(12、13日、芸術むら公園)

    ・上田市「げんきまるこ産業フェスタ2019」(12、13日、丸子総合体育館)

    ・小諸市「第35回小諸市公民館まつり」(12、13日、市文化センター)

    ・安曇野市「第12回安曇野環境フェア2019」(12、13日、堀金総合体育館)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

    2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

    3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

    4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

    5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです