メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「ジョーカー」 本当の悪、笑顔の中に /愛知

ワーナー・ブラザース映画「ジョーカー」より、主演のホアキン・フェニックス 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C)DC Comics

 新たなる傑作だと思う。2時間2分があっという間だった。圧倒された。ただし、もう一度見るには覚悟とエネルギーが要る。岩井俊二監督の「リリイ・シュシュのすべて」や、ビョーク主演の「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のように、同調しかねない負のパワーに満ちている。映画「ジョーカー」は、二大アメリカン・コミック出版社の一つ、DCコミックスの映画化作品として、史上初めてベネチア国際映画祭の金獅子賞に輝いた話題作だ。

 「バットマン」の敵役、狂気で人々を恐怖に陥れる“ジョーカー”がいかにして生まれたか。原作には描かれ…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです