メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大津祭 国重要無形民俗文化財 鮮やか2代目飾り幕 400年前の技術を復元 /滋賀

復元・新調された「孔明祈水山」の前懸幕(右)と初代の前懸幕=大津市御陵町の大津市歴史博物館で、諸隈美紗稀撮影

 13基の曳山(ひきやま)が「からくり」を披露しながら巡行する国の重要無形民俗文化財「大津祭」で、曳山に飾られる「見送り幕」「前懸(まえかけ)幕」が2基の曳山で復元・新調された。従来の幕には約400年前に制作されたとみられるものもあり、巡行に使えないほど劣化が進んでいた。12日の宵宮で一般公開され、翌13日の本祭で“巡行デビュー”する予定。

 復元したのは「石橋山(しゃっきょうざん)」(湊町)の見送り幕「紺地雲龍図(こんじうんりゅうず)錦織…

この記事は有料記事です。

残り1044文字(全文1265文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです