メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食探訪

「咖里店 横浜」 目玉焼き乗せビーフカレー 秘伝スパイスが絶妙 /奈良

一番人気の目玉カレー=奈良県王寺町王寺の「咖里店 横浜」で、加藤佑輔撮影

 JR王寺駅南口から徒歩5分の飲食ビルの地下に、昭和の香りが漂う「咖里(カレー)店 横浜」はある。元プロ野球選手の中島節男さん=香芝市出身=が1980年に開店した店を、当時アルバイトだった神代(こうしろ)邦子さん(57)=王寺町出身=が受け継いだ。老若男女に受け入れられる味わい深いカレーで、開店と同時に常連客が訪れる人気を誇っている。【加藤佑輔】

 店は国鉄スワローズで外野手を務めた中島さんが引退後、王寺町内の本店(77年開店、2013年閉店)の2号店としてオープン。中島さんが好きだったエリア「横浜」を店名にしたという。神代さんは1992年からアルバイト店長として勤務。2013年に中島さんが体調不良になったことをきっかけに、神代さんに経営が任せられた。

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです