メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

罪と更生の間で

再犯防止の現場/4 鳥取ダルク 信頼と仲間、回復支え /鳥取

 海の透明度の高さや海食地形の美観で知られる岩美町・浦富の海が一望できる丘の上にある木造2階建ての古びた建物。薬物依存症の回復施設「鳥取ダルク」だ。ここでは20~50代の男性20人ほどが共同生活を送り、依存からの脱却を図っている。

 ダルク(DARC)は「薬物依存症(Drug Addiction)リハビリセンター」の略称。30年以上前に東京で発足し、全国各地に広がっている。主に自助プログラムにのっとって共同生活を送りつつ社会復帰を目指す。

 薬物を断ち切るのはたやすくない。自身も薬物経験がある千坂雅浩施設長(58)は「クスリに『やめられた…

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文1003文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 池袋暴走書類送検 遺族の松永さん「やっとスタートラインに」

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです