メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文学に陰あり

水上勉「波の暦」 美しき魂の成長と日本海 /島根

 ドラマや舞台で活躍中の女優、甲斐節子が主人公。現在32歳、心の芝居ができる大女優になるか、器用に小さくまとまってしまうかの分岐点に差しかかっている。テレビドラマのロケで出会った38歳の新進気鋭の脚本家、香西が漂わせる暗鬱さにひかれて恋に落ち、電撃結婚を果たす。

 節子は京都の丹後半島、香西は島根の隠岐(道後)と鳥取の米子で育ち、日本海の重い波音が両者を引き寄せ合ったようだ。節子は生みの母親の顔を知らずに伯母に8歳まで育てられ、やがて出奔して現在の地位へ昇ってきた。一方、香西は故郷のことを妻となった節子にもかたくなに語らない。そこへ香西の「盗作」疑惑が持ち上がり、結婚生活は序盤から不吉な影に彩られていた……。

 やはり日本海に接する福井県は若狭に生まれた水上勉(1919~2004年)が、1964年11月から翌65年10月まで「島へ」というタイトルで「週刊新潮」に連載した作品だ。66年に刊行され、文庫化の際に改題している。水上文学は社会派推理ものや仏教ものなどの系統に分けられるが、前者の代表作は「飢餓海峡」(63年)だろう。

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都の感染者が新たに118人 初の3桁 新型コロナ

  2. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. C.W.ニコルさん死去 作家・ナチュラリスト 79歳

  5. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです