メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯 サムライ精神で“ジャパン”結束 よろい士気高める 薩摩川内のメーカー製 /鹿児島

ラグビー日本代表のジョセフヘッドコーチがよろいの前で取材に応じる写真(手前)を示す田ノ上社長

ジョセフHC「武士道」重視

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)で快進撃を続ける日本は、滞在先の宿舎によろいを飾り、士気を高めている。納入したのは鹿児島県薩摩川内市のよろいメーカー、丸武産業だ。外国出身選手が多いチームの結束にサムライ精神が役立っている。田ノ上智隆社長(40)は「勝利につながったのならありがたい」と快進撃を喜んでいる。【降旗英峰】

 同社は1958年に釣り用竹竿(たけざお)メーカーとして創業し、ガラス繊維の竿の普及を受けて73年に…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ヒゲダン・藤原聡、一般女性との結婚報告「気持ちを新たに人生を歩む」

  2. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  5. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです