特集

公文書・加計学園問題

毎日新聞デジタルの「公文書・加計学園問題」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

加計の特区、誰決めた? 「WGで事実上選定」撤回 首相なお「有識者が主導」 衆院予算委答弁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 学校法人「加計学園」の獣医学部新設を「国家戦略特区に誰が選んだのか」を巡り、安倍晋三首相が10日の衆院予算委員会で防戦に追われる場面があった。首相は昨年の国会で、民間有識者による特区ワーキンググループ(WG)が主導して選定したと答弁していたが、WG側が「審査・選定はしていない」と逆の主張を展開。首相は昨年の答弁が「正確性を欠いていた」と陳謝したものの、あいまいな説明に終始したため、野党側は反発した。

 首相は特区を最終決定する特区諮問会議の議長。昨年5月14日の同委で、首相の親友が理事長を務める加計学園への認可を主導したのでは、と追及された際に「民間(有識者)がWGを形成して主導し、選定なども事実上行われている。ここで決まったことを私が覆したことは一度もない」と主張していた。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文784文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集