メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

トルコ、米の迷走突く 対クルド、シリアに侵攻 アサド政権・IS、漁夫の利

 

 トルコ軍は9日、隣接するシリア北部でクルド人勢力に対する地上作戦を開始した。この地域で展開していた米軍駐留部隊の撤収を見計らったタイミングでの攻撃で、トルコが迷走する米国のシリア戦略を突いた形となった。内戦の続くシリアで新たな避難民が大量に出る可能性があるほか、クルド人勢力の弱体化で過激派組織「イスラム国」(IS)が「復活」する可能性も懸念されている。

 「我々の目標は我が国南部の国境を越えるテロ回廊を阻止することだ」。トルコのエルドアン大統領はツイッターでこう強調し、軍事作戦はあくまでテロ組織掃討が目的だと訴えた。

この記事は有料記事です。

残り1893文字(全文2154文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです