メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

衆院予算委 野党、政権追及で「結束」 役割分担し「関電」批判

衆院予算委員会で国民民主党の玉木雄一郎代表の質問を聞く安倍晋三首相ら閣僚たち=国会内で2019年10月10日、川田雅浩撮影

 臨時国会は10日、衆院予算委員会を開き、論戦が本格化した。立憲民主党と国民民主党など野党は、統一会派として初の質疑となった。立憲は関西電力役員らによる金品受領問題に焦点をあて、国民は消費増税や日米貿易協定の課題をただした。「役割分担」して政権を追及し、まずは連携を演出。安倍晋三首相は憲法改正を巡り、野党を刺激しないよう慎重な答弁に徹した。

 立憲などの会派の今井雅人氏(無所属)は関電問題を取り上げ、自民党の稲田朋美幹事長代行と世耕弘成参院幹事長の献金問題に照準を合わせ安倍晋三首相にただした。稲田、世耕両氏はいずれも首相の側近だ。

この記事は有料記事です。

残り2821文字(全文3088文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです