メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

かんぽ不正販売問題

 かんぽ生命保険の不正販売問題で、日本郵政グループの信用が失墜している。保険料の二重徴収や無保険状態の発生など顧客に不利益を与えた疑いのある契約が約18万3000件も判明したためだ。大規模な不正がなぜ行われ、見逃されてきたのか。再発防止には何が必要か。郵政問題や企業統治(ガバナンス)に詳しい識者に話を聞いた。

 一連の問題で浮かび上がったのは、日本郵政グループ経営陣の機能不全だ。大規模な不正を把握する仕組みを作ってこなかったばかりか、自浄作用を働かせることなく、報道に不当な圧力をかけた。民間企業の常識からかけ離れた対応で、政治的な権力を使おうとする「官」の体質を今も引きずっているのではないか。

この記事は有料記事です。

残り4199文字(全文4498文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 米総領事館、香港の活動家4人の政治亡命を拒絶 米中対立を避ける思惑か

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです