メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自公連立20年

政治安定・平和に期待 自民・古賀誠元幹事長(79)

古賀誠・元自民党幹事長=根岸基弘撮影

 ――1998年に自民党が参院選で惨敗し、参院で与党が過半数割れする「ねじれ」が生じる中で、連立案が浮上しました。

 ◆当時は自民党にも公明党にも抵抗感があり難しかった。最初から自公で連立を組むわけにはいかなかった。(94年に衆院で小選挙区が導入されるまで)中選挙区制度で、公明と激しい戦いをしていた人が私を含め自民にもいっぱいいた。

 ――まず旧自由党との連立を模索しました。

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1160文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです