メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自公連立20年

政治安定・平和に期待 自民・古賀誠元幹事長(79)

古賀誠・元自民党幹事長=根岸基弘撮影

 ――1998年に自民党が参院選で惨敗し、参院で与党が過半数割れする「ねじれ」が生じる中で、連立案が浮上しました。

 ◆当時は自民党にも公明党にも抵抗感があり難しかった。最初から自公で連立を組むわけにはいかなかった。(94年に衆院で小選挙区が導入されるまで)中選挙区制度で、公明と激しい戦いをしていた人が私を含め自民にもいっぱいいた。

 ――まず旧自由党との連立を模索しました。

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1160文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 山手線あす部分運休 新駅関連工事 大崎、上野で折り返し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです