メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

JOC理事会非公開問題 信頼回復に透明性不可欠=田原和宏(東京運動部)

理事会の非公開化を決めて記者会見で説明するJOCの山下泰裕会長(中央)=東京都新宿区で8月8日、宮武祐希撮影

 日本オリンピック委員会(JOC)は先月から理事会を完全非公開とした。1989年の発足以来、原則公開してきたが、6月に会長に就任した柔道の84年ロサンゼルス五輪金メダリスト、山下泰裕氏(62)が「公開では本音の議論ができない」と提案した。

 非公開となって初めての先月10日の理事会後、出席した理事らに話を聞こうとしたが一様に口が重かった。今後は理事が外部に向けて自らの意見を話せるのは、スポークスパーソンの福井烈(つよし)専務理事(62)が記者に説明した後、しかも決議事項に限られることが決まったのだという。「かん口令」を敷くような対応に、スポーツ界のあしき体質を見る思いがした。

この記事は有料記事です。

残り1746文字(全文2036文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. ラグビー日本代表・プロップ具智元が日本国籍取得

  5. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです