メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望新聞

東日本大震災 ピアノ寄贈へ募金協力呼び掛け 支援の音、学舎に響け 元教諭「長く使って」 岩手県釜石・唐丹

唐丹町の子どもたちと撮った写真を持つ高舘千枝子さん=岩手県矢巾町で

 東日本大震災で被災した岩手県釜石市唐丹(とうに)町の小中学生に支援を続けてきた「唐丹希望基金」が、最後の贈り物としてピアノを寄贈しようと、募金への協力を呼び掛けている。唐丹小・中学校が体育館で使うピアノは傷みが激しく、使用の限界を迎えている。基金は支援に一区切りを付け、来年3月に解散する。代表で元高校教諭の高舘(たかだて)千枝子さん(69)=同県矢巾町=は「子どもたちへの思いをピアノに託したい」と話している。【藤井朋子】

 リアス式海岸沿いの小さな漁業のまちは、小学校が津波で全壊し、高台の中学校も地震で壊れて使えなくなっ…

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1322文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです