メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第10部 マルハニチロ/17 進化する冷凍チャーハン

加熱後、皿に盛らずに食べられる冷凍チャーハン「WILDish」=深津誠撮影

 「単身赴任で皿を洗うのが面倒なので、ラップを敷いた皿の上に冷凍食品を載せてレンジにかけているんです」。マルハニチロで冷凍食品の開発を担当していた谷和憲(48)は、取引先の問屋との雑談で聞いた話を思い起こしていた。2018年秋、翌年秋向けの新商品の提案が間近に迫っていた。

 水産物などの調達力を生かして加工食品を強化し、総合食品企業としての成長を目指すマルハニチロ。冷凍食品は、人口減少の中でも拡大が続く有望市場だ。その中でも単価が高く、人気が高まっているチャーハンは、各社が激しい競争を繰り広げる主戦場になっている。マルハニチロは、シェアでニチレイや味の素に後れを取っており、谷は起死回生となるヒット商品を探っていた。

 新商品のターゲットは「個食」。単身世帯の増加に伴い、1食分の食事を手軽に取ることができる冷凍食品の…

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1121文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです