メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伝えたい東京へ

ダンクシュートに驚き バスケットボール男子元日本代表・江川嘉孝さん(76)

1964年東京五輪での激闘を振り返るバスケットボール元日本代表の江川嘉孝さん=仁瓶和弥撮影

 1964年東京五輪の開幕から10日で55年。男子バスケットボール元日本代表の江川嘉孝さん(76)が予選リーグ7戦中3勝を挙げ、存在感を示した64年東京大会を振り返り、来年の五輪に出場する後輩たちにエールを送った。【仁瓶和弥】

 <五輪を目指したのは太平洋戦争で戦死した父栄さんの思いを継ぐためだった>

 私が生まれて間もなく、父はフィリピンで戦死しました。学生時代、陸上の短距離選手で、将来は五輪出場を目指していました。母に「嘉孝が大きくなったら箱の中を見せてあげて」と言い残し、戦地に向かったそうです。箱には大会のメダルなどが入っていました。母も幼いころに亡くしたため、親戚から「お前は五輪に行くんだ」と言われて育ちました。後に五輪代表に選ばれた時は親戚が「父親の遺言をかなえた」と喜んでくれました。

 <江川さんは夢を実現するため、東京の強豪校に転校する>

この記事は有料記事です。

残り998文字(全文1376文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです