メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

桜の羅針盤 強風、問われる適応力

スコットランド戦に向け、ウエートトレーニングで調整する堀江(右)ら日本の選手たち=長谷川直亮撮影

 ラグビー日本代表は10日、W杯1次リーグA組最終戦となるスコットランド戦(横浜)に向け、東京都内で練習した。台風19号の影響による強風などが懸念され、日本の適応力が問われそうだ。

 スコットランド戦が行われる13日夜には、台風は関東地方を通過している見込みだが、「吹き返し」により強風が吹く可能性があるという。今大会安定しているラインアウトの精度をどう保つかは重要なポイントになる。スローワーを務めるフッカーの堀江(パナソニック)は「風はめちゃくちゃ嫌」としつつ、「環境によってプランをマイナーチェンジすることはある。(スローイングを捕球する)ロックの選手らと…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  4. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

  5. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです