メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉・台風15号 「情報提供に支障」33市町 ネット、無線不通 電源確保急務

台風で被害を受けた電柱や電線の修復作業を続ける人たち=千葉県鋸南町で2019年9月15日、佐々木順一撮影

 9月の台風15号で被災した千葉県の41市町村のうち、8割にあたる33市町が住民への情報提供で支障があったことが分かった。防災行政無線のバッテリーが切れたり、インターネットがつながらずホームページ(HP)による情報発信ができなくなったりした。台風19号の接近が予想される中、長期停電時の情報提供に課題が浮かんだ。【町野幸、秋丸生帆】

 毎日新聞は、台風15号により災害救助法が適用された41市町村に書面でアンケートを実施し、全てから回…

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文861文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです