メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯 2試合中止 非常に強い台風19号あす本州接近 愛知と横浜、史上初

台風による試合の中止について発表したワールドラグビーとラグビーW杯日本大会組織委員会の記者会見=東京都内で2019年10月10日、長谷川直亮撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会を主催する国際統括団体ワールドラグビー(WR)と大会組織委員会は10日、台風19号の影響で12日に予定していた1次リーグB組のニュージーランド―イタリア(午後1時45分、愛知・豊田スタジアム)、C組のイングランド―フランス(午後5時15分、横浜・日産スタジアム)の2試合を中止すると発表した。観客の安全面などを考慮したもので、9回目となるラグビーW杯で試合中止は初めて。チケットは全額払い戻しされる。

 組織委によると、代替開催や順延も検討したが、選手の移動や宿泊の準備が困難などの理由で断念したという…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文671文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. GSOMIA継続 方針転換に輸出管理巡る日韓対話合意

  5. GSOMIA失効回避も 日韓経済の回復遠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです