メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連合30年「多弱野党は頼りにならぬ」じわり政権接近 傘下労組とすきま風

結成30年を迎える連合の定期大会=東京都新宿区で2019年10月10日午前10時1分、矢澤秀範撮影

 結成30周年を迎えた連合は10、11両日、東京都内で第16回定期大会を開き、「政策を共有する政党との協力関係を重視する」とした2020~21年度の運動方針を採択した。これまで盛り込んできた特定の政党支持の記載は見送り、「自民1強」が続く中、安倍政権との距離の取り方に苦慮をにじませた。ただ、傘下には立憲民主党や国民民主党を支援する労組も多く、連合の政治への関与の方向感は見えにくくなっている。

 「連合はいつの時代も、与野党に政…

この記事は有料記事です。

残り1218文字(全文1432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです