メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国内携帯3社、ファーウェイ販売秋も見送り グーグル非搭載影響

華為技術(ファーウェイ)

 携帯電話大手3社は、今秋から冬に発売するスマートフォンの新機種について、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)製スマホの販売を見送った。ファーウェイの最新スマホである「Mate(メイト)30」は、トランプ米政権の排除措置の影響で米グーグルのアプリが搭載されておらず、利便性が下がると判断したとみられる。日本市場でシェアを伸ばしてきたファーウェイにとって打撃となりそうだ。

 NTTドコモは11日、秋から冬にかけて発売するスマホなど8機種を発表したが、その中にファーウェイ製スマホはなかった。ドコモは今春の発表会ではファーウェイの新型スマホの発売を発表していた。吉沢和弘社長は「Mate30は次世代通信規格5G対応の機種。現時点で5Gサービスは提供していないので販売は検討しなかった」と述べ、米の排除措置の影響は否定した。だが、来年春の5Gの商用サービス開始時にもファーウェ…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 「次期総裁は岸田氏か石破氏」 小泉純一郎元首相と山崎拓氏が一致

  5. 靖国参拝の小泉進次郎氏「大臣になってもちゅうちょなかった」 4閣僚が参拝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです