ハントケさんのノーベル文学賞受賞 旧ユーゴのイスラム教徒が反発

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 今年のノーベル文学賞にオーストリア人作家のペーター・ハントケさん(76)を選んだスウェーデン・アカデミーに対し、旧ユーゴスラビアのイスラム教徒らから強い非難の声が上がっている。ハントケさんが1990年代に旧ユーゴで起こった紛争で一貫してセルビアを支持し、セルビア人によるイスラム教徒の虐殺を否定した過去があるからだ。

 かつてセルビアの自治州で、イスラム教徒のアルバニア系が9割を占めるコソボのチタク駐米大使は「世界には多くの素晴らしい作家がいるのに、(スウェーデン・アカデミーは)民族間の憎悪と暴力を拡散した作家を評価した。恐ろしく悪いことが起こった」とツイッターに投稿…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文662文字)

あわせて読みたい

ニュース特集