メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル平和賞にエチオピアのアビー・アハメド首相 エリトリアとの紛争終結

エチオピアのアビー・アハメド首相=AP

 ノルウェーのノーベル賞委員会は11日、今年のノーベル平和賞を、エチオピアのアビー・アハメド首相(43)に授与すると発表した。レイスアンデルセン委員長は「平和と国際協調のための尽力、とりわけ隣国のエリトリアとの国境紛争解決のための断固とした指導力」を授賞理由とした。「アフリカの角」と呼ばれるアフリカ北東地域の安定化に尽力したことも評価した。

 受賞決定を知らせるノーベル賞委員会事務局からの電話にアビー氏は「アフリカに与えられた賞であり、エチオピアに与えられた賞だ。アフリカの他の指導者も平和構築に積極的に取り組むでしょう」と語った。

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文936文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. 「におい、味全くしない」感染の入院患者証言 対応看護師減り「病院余裕ない」

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  5. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです