特集

ノーベル賞

「世界で最も権威のある賞」といわれるノーベル賞。今年はどんな研究・活動に贈られるでしょうか。

特集一覧

ノーベル平和賞 時代と共に変遷 佐藤元首相、オバマ氏らへの授賞は賛否

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オバマ米大統領=東京都港区のサントリーホールで2009年11月14日午前10時35分(代表撮影)
オバマ米大統領=東京都港区のサントリーホールで2009年11月14日午前10時35分(代表撮影)

 1901年の創設から今年で118年がたつノーベル平和賞。第二次世界大戦の間など受賞がなかった年も19回あるが、昨年までに99回にわたって、計106人と延べ27団体が「平和のチャンピオン」として表彰されてきた。授賞の対象は時代と共に変遷してきた。複雑な国際情勢の中で、この賞による「平和」の意義付けが論争を呼んだ事例も少なからずある。平和賞の歴史を改めて振り返る。【前谷宏】

 「国家間の友愛、常備軍の廃絶あるいは縮小、平和会議の設立や推進のために最も貢献した人物」。ダイナマイトの発明で得た莫大(ばくだい)な富を後世の人類のために生かしてほしいと願ったアルフレッド・ノーベル(1833~96年)。ノーベル賞創設のきっかけとなった遺言によれば、平和賞が与えられる対象はそう定義されている。

この記事は有料記事です。

残り1267文字(全文1610文字)

【ノーベル賞】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集