メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル平和賞 ヒトラーやスターリンも推薦されていた…論争を呼んだ例も

エチオピアのアビー・アハメド首相へのノーベル賞授与を伝える公式サイト

 1901年の創設から今年で118年がたつノーベル平和賞。第二次世界大戦の間など受賞がなかった年も19回あるが、昨年までに99回にわたって、計106人と延べ27団体が「平和のチャンピオン」として表彰されてきた。授賞の対象は時代と共に変遷してきた。複雑な国際情勢の中で、この賞による「平和」の意義付けが論争を呼んだ事例も少なからずある。平和賞の歴史を改めて振り返る。【前谷宏】

 ノーベル賞のうち、平和賞だけがノーベルの故国スウェーデンではなく、ノルウェーの国会が任命する5人の…

この記事は有料記事です。

残り1174文字(全文1411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  4. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  5. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです