メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル平和賞 アビー・エチオピア首相、反対派から暗殺未遂も 改革は正念場

首相就任後間もない時期に開かれたアビー・アハメド首相支持者の集会=アディスアベバで2018年6月23日、AP

 今年のノーベル平和賞受賞が決まったエチオピアのアビー首相は、国際社会から高い評価を受けるが、国内の政権基盤は盤石とは言えない。次々と実行してきた急進的とも言える一連の改革は、反発を招いた。アビー氏を狙った暗殺未遂事件も起きており、多くの識者は「今後、改革は正念場を迎える」と指摘する。

アフリカが求める指導者

 「すべてのエチオピア人にとっての勝利だ」。受賞決定を受け、エチオピアの首相府はツイッターにこう誇らしげに投稿した。

 首都アディスアベバ在住の国際機関職員、ビルック・テンプティメさん(37)は電話取材に「歴史的な受賞…

この記事は有料記事です。

残り1127文字(全文1389文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  4. 半グレ集団「モロッコ」幹部逮捕へ バーで少女働かせた疑い 大阪府警

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです