メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 東日本中心に広い範囲で暴風や大雨などに注意 気象庁

台風19号・11日12時

[PR]

 大型で非常に強い台風19号の影響で、11日は東日本太平洋側から南西諸島にかけての広い範囲で猛烈な風や雨、大しけになると見られ、気象庁は厳重な警戒を呼びかけている。

 台風19号は、11日午前3時には父島の西約370キロを、1時間におよそ20キロの速さで北北西へ進んでいる。中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで中心の東側370キロ以内と西側280キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 今後、非常に強い勢力を保ったまま日本の南を北北西へ進み、次第に進路を北東に変え、12日夕方から12日夜遅くにかけて、東日本にかなり接近または上陸し、その後は東日本から東北地方を進む見込み。台風は13日午後には、北海道東方海上で温帯低気圧に変わると予想されている。また、関東地方の太平洋側に前線が停滞しており、海上を中心に激しい雨が降っている。前線は次第に北上し、11日夜から12日にかけて北陸地方から東北地方に停滞するとみられている。

 12日には、東日本を中心に広い範囲で猛烈な風が吹き、東北地方から南西諸島にかけて広い範囲で猛烈なしけや大しけとなるおそれがある。

 12日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、東海地方45メートル(60メートル)▽関東甲信地方40メートル(60メートル)▽近畿地方30メートル(45メートル)▽東北地方28メートル(40メートル)▽北陸地方、四国地方、小笠原諸島25メートル(35メートル)▽中国地方23メートル(35メートル)▽九州北部地方22メートル(35メートル)▽北海道地方、九州南部20メートル(30メートル)。

 また各地で大雨が予想されている。12日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、東海地方、近畿地方、伊豆諸島200ミリ▽関東甲信地方150ミリ。

 その後、13日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、東海地方600~800ミリ▽関東甲信地方400~600ミリ▽北陸地方、伊豆諸島300~500ミリ▽東北地方、近畿地方300~400ミリ▽中国地方、四国地方200~300ミリ▽北海道地方50~100ミリ――となっている。

 海上も大しけとなる見込みで、12日にかけて予想される波の高さは、東海地方、関東地方、伊豆諸島13メートル▽近畿地方、小笠原諸島10メートル▽東北地方、四国地方9メートル▽北陸地方、中国地方、九州北部地方、九州南部、奄美地方、沖縄地方6メートル▽北海道地方4メートル――となっている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「会社ってごみや」パワハラ自殺男性、両親にメール トヨタ側は当初「責任ない」

  4. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです