メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島・大熊の実証栽培田で稲刈り「台風前でよかった」

実証栽培田で稲を刈り取る人たち=福島県大熊町で2019年10月10日午前10時5分、和田大典撮影

 4月に東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が解除された福島県大熊町の大川原地区にある実証栽培田で10日、稲刈りがあった。

 2014年から米の試験栽培が行われ、昨年からは全量検査したうえで出荷も可能になる実証栽培を始めた。20年まで行い、町は営農再開に活用できるマニュアルを作成する予定だ。

 同町農業委員会の根本友子会長(72)は…

この記事は有料記事です。

残り90文字(全文256文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  3. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです