メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森田健作知事 「12、13日は千葉県庁に詰める」 台風19号対応で

報道陣から台風15号上陸当時の千葉県の対応の遅れなどについて質問を受ける森田健作知事=県庁で2019年9月13日、町野幸撮影

[PR]

 今週末に接近が予想されている台風19号への対応について森田健作知事は「私は県庁でしっかりと指揮を執る」と述べた。10日の県議会本会議後の報道陣の取材に答えた。

 知事は台風15号が上陸した9月9日、県庁に一度も登庁しなかったとして批判を浴びている。県は「知事は公舎で報告を受け、陣頭指揮を執っていた」と説明しているが、防災担当部局とのやり取りは全て秘書課を通じて行われたことも明らかになっている。知事は「前回よりも大きな台風が来るのは大変なこと。私も12、13日は県庁に詰めてしっかりと指揮を執り対応していきたい」と強調した。

 また台風15号への県の初動対応の遅れなどについて、知事は「プロジェクトチームを来週作り検証に着手したい。外部有識者を加えた組織を立ち上げる」と表明した。【町野幸】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  2. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  3. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 新型肺炎感染のバス運転手、山梨に3泊 観光地数カ所回る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです