東京・市ケ谷の防衛省敷地内にPAC3展開 北朝鮮ミサイルに備え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
防衛省の敷地内に展開した航空自衛隊の「PAC3」=東京都新宿区で2019年10月11日午前11時6分、町田徳丈撮影
防衛省の敷地内に展開した航空自衛隊の「PAC3」=東京都新宿区で2019年10月11日午前11時6分、町田徳丈撮影

 北朝鮮の弾道ミサイル発射に備えるため、防衛省が11日、東京・市ケ谷の同省敷地内に航空自衛隊の地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」を展開したことが政府関係者への取材で判明した。日本の上空を飛び越える形で弾道ミサイルが発射される可能性があるとして、万全の態勢を敷く。

 訓練以外で市ケ谷に展開するのは2018…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文284文字)

あわせて読みたい

注目の特集