メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気象庁が言及した「狩野川台風」とは?1200人以上が犠牲に…台風19号

狩野川台風の影響で流失寸前の音無川の舟串橋=東京都・王子で、1958年9月27日

[PR]

 台風19号について、気象庁は記者会見で、1958年の狩野川台風に匹敵する記録的な大雨となり、大雨特別警報を発表する可能性もあるとして、厳重な警戒を呼びかけた。

 狩野川台風は1958年9月26日に伊豆半島の南端をかすめ、翌27日には東京から北に進んだ大型で猛烈な台風。土砂災害や河川の氾濫が相次ぎ、伊豆半島を中心に1200人以上が犠牲になった。上陸時の中心気圧は965ヘクトパスカルで、総雨量は伊豆半島中部で753ミリを記録、最大風速は21.1メートル、最大瞬間風速は33.0メートル(三島測候所記録)だった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです