気象庁「19号は狩野川台風に匹敵」 伊豆だけで死者1000人超の大災害

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
台風22号(狩野川台風)に襲われた日から4日たったというのに、水が引かない東京都足立区高砂町の一帯。廃材に乗って水上を移動する住民=東京都足立区千住高砂町(後の足立)で1958(昭和33)年9月30日、東京本社写真部員撮影
台風22号(狩野川台風)に襲われた日から4日たったというのに、水が引かない東京都足立区高砂町の一帯。廃材に乗って水上を移動する住民=東京都足立区千住高砂町(後の足立)で1958(昭和33)年9月30日、東京本社写真部員撮影

 大型で非常に強い台風19号について、気象庁は11日、関東地方で甚大な被害をもたらした1958(昭和33)年の「狩野川(かのがわ)台風」に匹敵する大雨となるおそれがある、と発表した。状況によっては大雨特別警報を発表する可能性もあるというが、そもそも狩野川ってどこにあるのか、どれだけの台風だったのか。【山下貴史/統合デジタル取材センター】

 狩野川は全国的な知名度は低いが、静岡県の伊豆半島を流れる1級河川だ。天城山系を源流とし、沼津市などを通り駿河湾に注ぐ。アユ釣りで有名で、「アユの友釣り発祥の地」との説もある。

 気象庁によると、狩野川台風は…

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文952文字)

あわせて読みたい

ニュース特集