メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気象庁「家にとどまること自体危険」千葉・被害住民に待避呼び掛け

台風15号による強風で被害を受け、屋根にブルーシートがかけられた民家が並ぶ千葉県鋸南町=2019年10月9日、本社ヘリから尾籠章裕撮影

 大型で非常に強い台風19号は12日夕方から夜にかけて関東地方か東海地方に上陸する恐れがある。気象庁は11日午前、2回目の臨時記者会見を開き1958年に伊豆半島の狩野(かの)川が氾濫し死者・行方不明者1269人が出た「狩野川台風」に匹敵する記録的な大雨になる恐れがあると指摘。大雨特別警報を発表する可能性もあることに触れ、西日本から東北地方の広い範囲で大雨や暴風などに厳重に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁の梶原靖司・予報課長は記者会見で「不要な外出はせず安全確保をしていただきたい。今一度、備えが…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです