メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画喫茶殺人に懲役24年判決 23歳被告の責任能力認める 名古屋地裁

事件の現場になった漫画喫茶が入るビル=名古屋市中区錦3で2019年10月11日午後0時38分、川瀬慎一朗撮影

 名古屋市中区錦3の漫画喫茶で昨年5月に客の銀行員を刺殺したうえ、現場に駆け付けた警察官も殺害しようとしたとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた住所不定、無職、稲田府見洋(ふみひろ)被告(23)の裁判員裁判で、名古屋地裁(神田大助裁判長)は11日、「犯行は残虐の一語に尽きる」として懲役24年(求刑・懲役25年)の判決を言い渡した。

 弁護側は統合失調症の症状で事件当時は責任能力がなかったとして無罪を主張していたが、判決は「一定の影…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです