メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不自由展抗議電話最長1時間半 作家グループが目指す対話の可能性とは 電話窓口ルポ

「Jアートコールセンター」にかかってきた電話に答えるアートユニット「キュンチョメ」のナブチさん=名古屋市内で

 「こちらJアートコールセンターです」。国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が脅迫などで2カ月間中止に追い込まれた問題を受け、作家グループが自主開設した電話窓口が稼働中だ。作家が抗議や意見に直接対応する、珍しい試みの現場を取材した。

 「落ち着いていただけますか」「私はそう思いませんが」。名古屋市内のマンションの一室で男女3人がそれぞれ電話に応対している。女性作家が対応しているのは、従軍慰安婦をモチーフにした韓国人作家の「平和の少女像」展示への抗議。しばらく会話は続いたが、相手の差別発言がヒートアップすると、「切りますね」と断り受話器を置いた。

 「ご感想は作家に伝えます」と、別の電話で男性作家が答えた。「応援の電話だった」と笑顔を見せた。

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです