メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「もう家あきらめた」台風19号に祈る思いの千葉 厳戒態勢に

台風19号の接近に備え、風雨が強まる中、ガラス窓にビニールシートを張る庄司一則さん=千葉県館山市布良で2019年10月11日午後0時48分、手塚耕一郎撮影

 台風19号が週末に本州に上陸する恐れが強まった11日、各地で被害を抑えるための準備が進められた。先月の台風で4万棟を超える住宅に被害が出たばかりの千葉県では、対応に追われた住民らが新たな被害が生まれないことを祈っていた。12日は多くの店や交通機関が営業を取りやめる予定で厳戒態勢がとられることになる。

 9月に上陸した台風15号の爪痕が残る千葉県内では11日午後7時半現在、全54市町村のうち42市町村で避難所が開設された。自宅が壊れたまま、新たな台風を迎える被災者らは避難所で不安な夜を過ごした。

 館山市の避難所となった市立房南学園には台風15号の被害が大きかった布良(めら)、相浜両地区の高齢者ら約190人が避難した。両地区の住民776人のうち65歳以上が約6割を占める。地区内の漁港の岸壁には高波が押し寄せ、市は11日、マイクロバスを出して避難を助けた。

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1330文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  3. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

  4. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  5. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです