メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「背番号躍動、感動」米代表支える福岡の刺しゅう業者 ラグビーW杯

米代表ジャージーに機械で刺しゅうを入れる森山久司さん=福岡市南区で2019年10月4日午後7時3分、青木絵美撮影

 熱戦が続くラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会に出場している米国代表を、福岡市南区にある家族経営の刺しゅう業者「マルカ」が陰から支えている。毎試合、短期間で先発と控え選手のジャージーに背番号や刺しゅうを施し、世界の舞台に送り出す。米国は3連敗で1次リーグ敗退が決まったが、13日の最終戦に向けて「思い切り走り、悔いのない試合を」とエールを送る。

 「間違いないか」。アルゼンチン戦を控えた4日夜、マルカの工房では、社長の森山久司さん(70)が、ジ…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文747文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. コトバ解説 「アシカ」と「オットセイ」と「アザラシ」の違い

  3. 社説 NHK会長交代 政権との距離保つべきだ

  4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  5. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです