メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

強烈なタックルでピンチの芽を摘むCTB中村亮土 ラグビーW杯

ラグビーW杯1次リーグのアイルランド戦でアイルランド選手にタックルし、突進をはばむ中村亮土選手(上)=静岡スタジアムで2019年9月28日、竹内紀臣撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、日本は13日午後7時45分から、初の決勝トーナメント進出を懸けて強豪・スコットランドとの1次リーグA組最終戦(横浜・日産スタジアム)に臨む。3連勝と勢いづく日本躍進の立役者は、鋭いタックルで何度もピンチの芽を摘んできたセンター(CTB)、中村亮土(りょうと)選手(28)=サントリー=だ。

 地道に、懸命に体を張るタックルこそ中村選手の「宿命」であり、強みだ。優勝候補のアイルランドに挑んだ…

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1064文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 半グレ集団「モロッコ」幹部を風営法と労基法違反容疑で逮捕 深夜に少女働かせた疑い 大阪府警

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです