メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここぞ岡本特大2ラン 「頼れる4番」ファイナル大暴れ

【巨人-阪神】五回裏巨人無死一塁、同点となる2点本塁打を放ち喜ぶ岡本(右)=東京ドームで2019年10月11日、滝川大貴撮影

 チームが苦しい時に、結果を出すのが巨人の4番だ。岡本が、三回1死満塁で中越え2点適時二塁打。さらに2点を追う五回には特大の2ランを放った。

 三回、マウンドには阪神の2番手・ガルシア。直前の丸に四球を与え、制球に苦しんでいた相手の球を冷静に見極めて3ボール。だが、「積極的にファーストストライクを振る」と決めている岡本は攻めた。直球を2球連続でとらえきれずにファウルとなりフルカウント。6球目の外角低めの直球をついにとらえ…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 7割がプラごみ 琵琶湖の湖底清掃、レジ袋最も多く 滋賀県調査

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです